那覇市壷屋で矯正治療なら

〒902-0065 沖縄県那覇市壷屋2-15-14
駐車場7台 バリアフリー/モノレール安里駅 徒歩10分

診療時間
9:00~12:00 × ×
14:00~18:00 × ×

△:14:00~17:30/休診日:日曜日・木曜日・祝日
※祝日がある週の木曜日は診療しております

ご予約・お問合せはこちらへ

098-855-5212

当院の親知らず治療

大学病院などでしか治療を受けられないような、難しい症例にも対応可能。より安全に、安心して親知らずの抜歯を受けていただけるよう努めています。

痛みの少ない親知らずの抜歯

当院では、親知らずの治療において35年以上(※)の経験を持つ院長が治療を担当しています。(※2018年現在)

なるべく痛みがないよう、以下のように麻酔方法を工夫して治療を行っています。

  • ゲル状の表面麻酔を歯ぐきに使用
  • 麻酔液の温度を体温に近づけて体への刺激を減らし、痛みが少なくなるよう配慮
  • 細い注射針を採用し、針を刺すときの痛みを軽減
  • 電動式の麻酔注射器で、麻酔液の注入速度を一定に保ち、体への刺激を緩和

痛みが怖くて治療をためらってしまっている方にも、不安なく抜歯に臨んでいただけるように配慮して、治療を行っています。まずはご相談ください。

難しい親知らずの抜歯もお任せください

当院では、あごの骨に横向きになって埋まっている親知らず「水平埋伏智歯」の難しい抜歯も含め、月に平均15本以上(※)と多くの症例を対応しており、実績も豊富です。

通常、大学病院などへ紹介されるような難しい親知らずの抜歯にも対応できます。

大学病院での治療となると、診療時間が限られていたり、ご自宅から病院までの距離が遠いなど、なかなか通院できない方も多いのではないでしょうか。その点、当院では通院に時間をかけられない忙しい方であっても、親知らずの治療を安心して受けていただくことができます。まずは、お気軽にご相談ください。

最新の医療機器で、痛みや負担が少ない抜歯を実践

できるだけ痛みが少ない方法で安心・安全な治療をご提供したいと考え、当院では最新の医療機器を使用し、痛みが少なく、お体に負担がかかりにくい抜歯を実践しています。

CT画像での精密な検査

抜歯前の事前診断では、歯科用CTを使って精密な検査を実施。親知らずの生え方や、周りの神経・血管の位置をしっかりと把握し、より安全な治療をご提供できるよう努めています。

ピエゾサージェリー

親知らずがあごの骨に埋まっている場合は、あごの骨を削らなければいけません。当院では超音波で骨を削る機械「ピエゾサージェリー」を使用しています。ドリルで削るのとは異なり、三次元超音波振動により、血管や神経・粘膜などを傷つけずに硬い組織(骨や歯)だけを繊細に処置できます。そのため、身体へのダメージが抑えられ、痛み・腫れも少なくなります。

レーザー

出血や炎症を抑える効果が期待できるレーザー。これを使用し、抜歯後の傷の治りを促進したり、痛みを和らげたりできます。

伝達麻酔

伝達麻酔は、より広範囲にかつ長時間の効果がある麻酔です。手術の途中で麻酔が切れてしまうリスクを減らしつつ、治療後の痛みを少なくできます。

全身の状態にも配慮

抜歯は、通常の治療よりもお体に負担がかかるもの。そのため当院では、より安全な治療ができるように、全身の状態にも配慮しています。生体モニターによって血圧や心拍数などを常に確認しながら治療を進めていきますので、どうぞご安心ください。

当院は、「歯科外来診療環境体制加算」の認定を受けている歯科医院。万が一の事態にも備え、より安全な治療を行うための設備が整っていることを、厚生労働省に認められています。

親知らず治療の流れ

検査

検査器具やレントゲン、CTで、歯やあごの骨の状態を調べます。

治療計画の説明

歯やあごの骨など、お口がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

親知らずの抜歯

抜歯の必要がない場合もあります

親知らずを抜きます。抜歯の必要がない場合は、適切な処置を行います。

消毒

親知らずを抜いた部分を消毒します

抜糸

傷口を縫合した糸を抜きます。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

098-855-5212

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:00~12:00
午後:14:00~18:00
△:土曜日は17:30まで
休診日:日曜日・木曜日・祝日
※祝日がある週の木曜は診療しております

098-855-5212

〒902-0065
沖縄県那覇市壷屋2-15-14
モノレール安里駅 徒歩10分

社保完備・年間休120日以上!当院で一緒に働きませんか?